IPSシャンプー(株式会社ipsコスメティックス)のおすすめ

美髪クラブ

IPSコスメティックスのIPSシャンプーは第一にダメージケアを考えています。

シャンプーの目的というのは汚れを取り除くことなのですが、この洗浄の成分が
あまりにもきつすぎますと逆に頭皮が乾燥してしまったり
髪の毛にダメージを与える結果になるのです。

IPSコスメティックスのシャンプーはクリーミーな泡によって
優しく洗いあげながらも頭皮にはうるおいを与えてくれるのです。


輝ける自分へ

そして頭皮の健やかな健康を保ってくれます。
クリーミーな泡が出ることによって毛穴の隅々まで汚れを取り除くことができます。
きつい洗浄成分にしなくても汚れがきれいに取れるのです。

IPSコスメティックスのシャンプーがうるおいを与えてくれるのは頭皮だけではありません。
髪の毛に対してもうるおいを与えてくれるのです。
髪の毛はうるおいが少なくなりますとキューティクルがボロボロになってしまいます。
IPSで変われる

そして見た目にぱさついた印象になってしまうのです。

パサついて広がる髪は美しくありません。
見た目の印象もあまり清潔感がなくみられてしまいます。

そして枝毛や切れ毛の原因にもなるのです。

うるおいがあればキューティクルも補修されますし艶のあるきれいな髪の毛になるのです。
艶を出すための成分によりきれいになるのではありませんので体には無害です。
安心して使えるダメージシャンプーです。


髪を守ってツヤ髪をつくるキューティクルの語源は?

シャンプーやエステのCMなどでよく耳にするキューティクルですが、それが一般的に広まったのは
1976年に花王のエッセンシャルが発売されたときです。

そもそもキューティクルとは髪の表面を覆う保護膜のことですが、健康的な髪の毛であれば
しっかりとキューティクルで守られており潤いや艶を作り出します。

そのおかげで、光が髪の毛に当たると反射して、天使の輪と呼ばれる輪っかのような輝きを生み出します。

では、キューティクルというのは一体どんな言葉から生まれたのでしょうか。
語源を調べてみるとクチクラというラテン語が元になっています。

クチクラというのは生き物、例えば今週や甲殻類の体の表面に出来る硬い膜のことを指しており、日本語では角皮といいます。

ただ、本来の意味はなにか問われることはほとんどないですから、これはちょっとした豆知識として知っておくくらいで良いでしょう。

今やキューティクルという言葉は、髪の毛の美しさを気にする方だけでなく
誰もが知っている用語になってきており、どうすればキューティクルケアが出来るのかという研究も進んでいます。

そうした技術と知識を使って日々、美しいキューティクルの健康を守ることが大切です。