朝のお手入れ

IPSシャンプーで美しい髪へ忙しい朝は夜に比べてスキンケアがおろそかになりがちです。

しかし、手を抜くと乾燥肌を促進させ、化粧崩れを引き起こしてしまいます。

その日一日を美しく過ごすためにも、夜と同じように丁寧にケアすることが大切です。

そうは言っても少しでも長く寝ていたいのが正直なところです。

そのような場合は手軽な方法で高い効果が得られる化粧品を使うことを
検討しましょう。 夜のケアはこちら

IPSコスメティックスはシンプルケアが特徴で、洗顔と美容液の
2ステップで朝のお手入れが完了します。 洗顔時にはネットを使う

ヘアケア商品のおすすめはIPSコスメティックスhttps://haircaregoodjob.org

朝のスキンケアの目的は寝ている間に出た皮脂を洗い流し、
肌に必要な栄養を与えて保湿し外部刺激から肌を守ることです。

IPSコスメティックスなら2ステップでこのすべての目的を達成
することができます。

きめ細かく弾力のある泡立ちが特徴の石鹸で洗顔すれば、肌に必要な
潤いを守りながら不要な汚れを優しく落としてくれます。

寝起きはそれほど汚れていないようにも感じますが、
美容液の浸透を高めるためには酸化した皮脂や不要な角質を
きちんと落としておくことが大切です。

洗顔後は日中用美容液を3プッシュを手に取り、顔全体をやさしく
パッティングしながらなじませ、さらに3プッシュを顔から首、デコルテまで
パッティングしてなじませます。 ips人気

美容成分をより浸透させるためには、顔全体を手のひらでつつみこむように
押さえて馴染ませるのがコツです。 毎日のケア

この美容液には植物から抽出されたエキスを独自に複合したAOC6という成分をはじめ
アシタバ葉・茎エキス、ホホバ葉エキスなどの天然由来の成分が贅沢に配合されており、
肌を潤しつつ、紫外線や大気汚染などの外部刺激から肌を守ることができます。

美肌のためにスキンケアは必須ですが、毎日忙しく活動している人には
負担になることもあります。

お手入れを重視するあまり睡眠不足になってしまっては本末転倒なので、
継続していくためにはあまり手間をかけすぎない方法を探すことも大切です。
エステなどを利用するのも良いでしょう。

日本のエステは明治に始まる!美肌スキンケアの歴史

日本に化粧品が伝えられたのはおよそ6世紀頃とされています。
魔除けの目的で赤い顔料を顔に塗ることが日本においての化粧の始まりとなりました。

8世紀の平安時代には、鉛でできた白粉を肌に塗ることで、白い肌にすることや
黒髪をのばして着物をきることが、当時の貴族の女性にとっての最先端のおしゃれとされていました。

昼間などの外が明るい時間でも、宮中のなかで過ごしていたため
暗い場所にいても白く映えるようにと白くしていたようです。

当時は化粧をおとす際には洗顔はされておらず、小豆の粉末が使用されていました。

スキンケアの歴史

明治時代になると、日本の近代化により西洋の文化を取り入れる風潮から日本人の肌の色に
近い色のベージュのおしろいや石けん、美容クリームなどが欧米から取り入れられたことで、
自然な日本人の肌の色にフィットした美しい素肌を目指す時代になりました。

また、化粧をおとす際は、洗顔により汚れをおとして化粧水で潤いを与え
美容クリームで保湿をするスキンケアの基礎が確立された時代です。

手軽に美容ケアができる

IPSコスメティックスの化粧品は、徹底的に成分にこだわって作られた高品質な化粧品なので
シンプルステップでも十分な効果を得ることができます。

 

アシタバ葉エキスの効果は美容だけにとどまらない

美容化粧品などに使用される機会が増えているアシタバエキスは、
セリ科植物である明日葉の葉や茎から抽出されている特徴があります。

明日葉は大変生命力の強い植物として有名で、名前の由来には葉をつんでも
明日には新しい葉が出てくることが関係しています。

アシタバエキスにはミネラルやビタミンが豊富なことからサプリメントなどに
使用されることが多く、特徴の一つに高い抗菌作用を持っていることから
酸化防止剤や、ニキビなど炎症を伴う肌トラブルを改善するスキンケア化粧品
などにアシタバエキスが配合されていることは少なくありません。

スキンケア化粧品でアシタバエキスが利用される理由の一つに、高い抗菌性が
あることや保湿作用や細胞賦活作用を持っていることが挙げられます。

成分

この特徴からスキンケア化粧品からアイケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品や
メイクアップ化粧品など様々な製品に使用されています。

他にもVEGF発現促進効果やFGF-7、IGF-1およびHGF産生促進による育毛作用が
注目され、近年は育毛剤の有効成分の一つとしても注目されており、ヘアケア製品
にも配合される機会が増加中です。

葉にはルテオリン配糖体やイソケルセチンの他に、各種ビタミンが含まれている
特徴を持っています。

茎や葉を切ると黄色い汁が出てくるのですが、この汁の主成分はカルコン類の
キサントアンゲロールや4-ハイドロキシデリシンで構成されており、主に抗菌や
抗炎症、胃酸分泌抑制、血管拡張といった作用があることが報告されていることから、
アシタバエキスは美容に限らず体を健康に導く栄養素として注目されるようになりました。

特にアシタバエキスに糖尿病の合併症を防ぐ効果があることが注目されており、
神経成長因子や骨形成タンパクの算出増強物質が含まれていることが発表されてからは、
糖尿病や認知症、骨粗しょう症への効果が期待されています。

健康食品としてもこのエクスが利用されることが増えてきており、生活習慣病や便秘、
貧血などの日常生活で起こりやすい体のトラブル対策として用いられるようになっていたり、
ダイエットやセルライト解消のサプリメントなどにも効果が期待され配合されることが増えてきました。

食用が可能で、直接肌に使用する化粧品などにも活用されていることから安全性が高い
栄養素の一つですが、セリ科の植物は口腔アレルギーを引き起こす原因物質を含んで
いることから、セロリや人参にアレルギーを持っているという方は摂取する際に
注意する必要があります。

 

「ホホバオイルは良い」って本当?効果を解説

スキンケア化粧品にも多く用いられるようになってきたホホバオイルですが、オイルが抽出される
植物であるホホバや実際に得られる効果や効能を詳しく知らないという方も少なくありません。

自分の肌質に適したスキンケアを行うためにも、化粧品に配合されている成分の特徴や効能などを
詳しくチェックすることは非常に重要です。

ホホバの原産地はアメリカの南西部のソノラ砂漠周辺の乾燥地帯であり、乾燥しやすい地域でも
すくすくと育つ強い植物として青々と育つ特徴があります。

ホホバオイルの正式名称はホホバ種子油であり、種を絞ってオイルが抽出されているのですが
製法方法によってゴールデンホホバオイルとクリアーホホバオイルの2つに分類されます。

主に化粧品に使用されているのはクリアーホホバオイルであり、低温圧搾法によって抽出され
濾過などの精製が施されていることから、独特の色と香りが除去され化粧品の材料として使い
やすくなるメリットを持っています。

ホホバの原産地であるソノラ砂漠に住んでいるネイティブアメリカンは、昔からホホバ種子から
作られた軟膏を使っていたやけどの治療をしていた記録が残っており、はるか昔からホホバオイル
が肌トラブルの改善に効果があることは有名であり、現在は科学の進歩と共に様々な効能が注目
されるようになっています。

ホホバオイル

ホホバは種の中に油脂ではなく液体のワックスエステルを蓄えており、発芽のためのエネルギー
を貯蔵している特徴があります。

他の植物油に使用される種子は基本油脂を貯蔵している特徴があるので、ホホバのワックス
エステルは油脂と比較して非常に安定し、外部環境の影響を受けにくいメリットがあります。

またホホバの種に貯蔵されているワックスエステルは、植物なら果皮、動物なら皮膚や毛と
いった体の表面に存在して乾燥や紫外線などの外部からの刺激から身を守る役割を持ちます。

また人間の皮脂と同じ性質を持っていることから、肌に馴染みやすく保湿効果を与えることに
よって乾燥や紫外線から保護するバリア効果の他に、抗炎症や抗酸化、光老化を防ぐことで
アンチエイジング効果を与えるなど様々な効果が期待されている成分となります。

特に近年はアンチエイジング効果のある成分が注目されているため、ホホバオイルが
紫外線によるコラーゲン分解を抑えて、肌の光老化を抑制出来るといった作用は非常に
高く支持されています。

コラーゲンの分解を抑えることが出来ると、肌のハリや潤いを保つことが化膿となり、
アンチエイジング効果を肌にしっかり与えることが可能です。