コスメティックスのなかのチークの役割

IPSシャンプーで美しい髪へ IPSコスメティックスの美容液のような良質な製品でスキンケアをすることで、肌質改善の効果を見込めます。

しかしやはり女性である以上、化粧をするということは楽しみの1つでもあります。

基本的なコスメティックス・アイテムの一つであるチークの役割はどのようなものなのでしょうか。

チークとは頬につけるフェイスカラーの名前です。
色合いとしてはピンク、オレンジ、ブラウンといった系統の色みが多く、メーカーによってバリエーションがあります。  

チークの使用方法は頬骨の高い位置につけるのが基本です。  

一般的にはピンクやオレンジといったカラーの場合は頬骨にまるく円を描くように色をつけます。 
そうすることによって、健康的で可愛らしい雰囲気を作り出すことができます。

雰囲気を作る

またブラウンの場合は頬骨からこめかみに向かってうっすらと斜めのラインを入れるようにしてつけます。 

これによってシャープな顔立ちを演出し、輪郭をすっきりと見せる効果が生まれてきます。  

コスメティックスの中で基本的なアイテムといわれるのは、このチークを使うのと使わないのとでは
顔の立体感が全く違ってくるからです。

このため、コスメティックスの中において重要な役割を果たしている事は言うまでもありません。  

まずコスメティックスを買いそろえようと思うなら、自分に似合うカラーのチークを探してみましょう。

似合う色

パーソナルカラー診断とは?イエローベース・ブルーベースの違い

もし、チーク選びをするのならば、コスメティックスを選ぶときに
最近主流になってきているのが、パーソナルカラーを診断してもらうという方法です。

パーソナルカラー診断とは、自分の肌質や髪、瞳の色などを見て、
どういう感じの色味が似合うかを選ぶというものです。

いくつかの方法がありますが、最も王道なのがイエローベース・ブルーベースといって、
それぞれの属性によって診断する方法です。

イエローべースという色の場合、基本的には黄色っぽい色味が似合う傾向があります。

例えば元気なオレンジや華やかなピンク、朱赤などの鮮やかな色味が似合う傾向があるので、
肌の色に合わせたカラーチョイスをしたほうが、元気で艶のある肌に見えるでしょう。

一方ブルーベースと診断された場合、青みのある色のほうが好ましい傾向があります。
例えば、ピンクでもちょっと乙女ティックなブルーやローズレッドなどの
どこか繊細な色味のほうが好ましいでしょう。

これらの傾向が上手にマッチすると、例えば肌の色がきれいに見えたり、
カラーが上手に乗ったり、より健康的に見えたりとメリットが多いのです。

逆に言えばこれらを無視した色選びをすると、今度は肌がくすんで見えたり、
色が目立たないか逆に悪く目立ったり、老けたり妙に若作りに見える、なんてことも考えられます。

特にチークは顔色やお肌の印象に影響を与えますので、美肌を重視する人の場合は
特に色味選びは重要なところです。

このため、カラーリングについては最初にこういった診断を受けてから選ぶのが好ましく、
基本的に診断で出てきた色味から、さらに自分のなりたい顔立ちや
その日にしたいメイクを考えて選ぶのも方法でしょう。

また、テクスチャや艶感の有無、ラメやパールの有無によっても似合うかどうかが変わってきます。

ちなみに、こういったカラー診断の中には、さらに四季の名前を付けた肌傾向で、
より細かく選べる場合もあります。

スプリングの場合は華やかで明るめ、サマーの場合は儚げで色素が薄い、
オータムだとシックで大人びた色味、ウィンターならば知性があってはっきりした色味、などと言われています。

なお、スプリングとオータムはイエロー系、サマーとウィンターはブルー系と言われていますが、
必ずしもこの限りとは言えません。

詳細はそれぞれの診断ごとに違いますが、合う色味や良いチークを選ぶ方法なども
紹介されていることが多くなっていますので、そこから自分のいい色を選べるように心がけましょう。

自分に合ったチークの色選びでトーンアップしよう

ところで、自分に合ったチークの色選びはどういうものなのでしょうか。

まず、やはりやりたいのは先ほどのカラー診断です。これは人によって
診断結果は違いますので、一番いいのはやはりプロに見てもらうことです。

ただし、最近では自分で診断できるようなサービスも多くなり、ウェブサイトや
アプリなどで診断できるようにもなりました。

手軽に診断したいのならば、コスメアプリやウェブサイトを調べるのも方法と言えるでしょう。
次に、肌質によって選ぶ選び方もあります。これは自分の肌が乾燥肌か脂性肌か、ということでも選べます。

ただし、一説によると日本人のお肌のほとんどは混合肌なので、
今回はチークをつける部位の肌質がどうかを考えて選んでください。

おすすめとなるパウダータイプは簡単に持ち運びができるうえ、
つけるのも簡単なのでよいのですが、どちらかと言えば脂性肌の人向けとなっています。

敏感肌の人ならば、チークブラシを使い心地の優しいものにして、
お肌への刺激を極力避けるように心がけるといいでしょう。

保湿性の高いクリームタイプは、もちろん乾燥肌の人向けです。

また、艶感のある肌にしたいとか、長持ちさせたいという場合にも
クリームタイプのチークは向いています。手で付けるのも方法ですが、
手を汚したくないならパフやクリームチーク専用のブラシなどを使って付けるのも方法でしょう。

さらに持ちを重視したいというのなら、リキッドタイプを選ぶのも方法です。
リキッドタイプの場合はあまり選択肢は多くありませんが、保湿のある使用感でかなり長持ちします。

マスクをつけていても落ちにくいので、新しい選択肢となるかもしれません。

もしできるなら、試しにつけてみるのも方法です。これは専門のコスメカウンターならば
タッチアップといい、一方テスターという形で自分で付けることもできます。

試しにつけてみることで、肌への乗りや使用感、発色などを見てみることができます。

また、しばらくつけてみることで、乾燥の度合いや艶・パールの持ち具合なども
見ることができるでしょう。特に艶感やパール・ラメなどが入っているチークの場合、
意外と色が明るく見えたり、鮮やかに見えることも少なくありません。

このため、できるだけ使ってみたほうが良い場合も多いのです。

もちろん直感やパッケージの好み、好みのブランドなどで選ぶのも方法です。
色や使用感以外のこだわりポイントがあるなら、そこを優先してもいいでしょう。

化粧ノリが上手くいかないと思う時はIPSコスメティックス販売員に相談を

IPSコスメティックスの人気の理由は、製品の良さに限ったことではありません。

IPSコスメティックスの製品を購入する際に、IPSコスメティックスの販売員に
商品に関する詳しい説明を受けることができたり、使い始めてみた
IPSコスメティックスの製品に関してわからないことや気になることを
気軽に相談できるという部分も、大きな強みだと言えます。

良質なIPSコスメティックスの製品は、正しく使う事で本来の力を発揮します。
使っていていまいち肌に合わないと感じる場合は、使用を止める前に
本当に正しくIPSコスメティックスの製品を使えているかどうかを
IPSコスメティックスの販売員に相談してみると良いでしょう。