IPSシャンプー(株式会社ipsコスメティックス)のおすすめ

美髪クラブ

シャンプーで髪の毛や頭皮の汚れや皮脂を落とすことは大切です。

でも、頭皮も肌の延長線なので、洗いすぎると、地肌が乾燥してしまいます。
頭皮が乾燥すると、フケや痒み、抜け毛の原因にもなるし、
健康な髪のための発毛にも悪影響です。

だから美しい髪を維持するためには、シャンプー選びが重要となります。
IPSコスメティックスのIPSシャンプーは、アミノ酸系の成分をたっぷりと配合した
地肌に優しいシャンプーです。ダメージから守る


IPSシャンプーは、ジェルタイプで、きめ細やかなクリーミィな泡で包み込むので、皮脂や汚れを、優しく丁寧に洗い流します。

さらに、エイジングケア成分として注目の、レスベラトロールを配合しています。
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高く、細胞の老化を抑制し、若々しさをサポートする成分です。
様々な刺激から保護する力もあり、地肌ケア効果が期待できます。

IPSコスメティックスは、この成分を日本で初めてシャンプーに配合しました。

他にも、ピクノジェノールやαリポ酸、アスタキサンチンなど、スキンケア製品にも使われてる美容成分を配合。
髪と頭皮を洗いながら、地肌もケアするシャンプーです。

カロテノイドの一種!抗酸化作用を持つアスタキサンチンとは?

2018年(一財)日本食品分析センターニュースでは、アスタキサンチンについて報告されています。
スーパーなどでは人参など色とりどりの野菜や赤橙色の鮭やエビやカニなどを目にしますが、
これらの色はカロテノイドという色素によるもので、食材にはアスタキサンチンが多く含まれています。

アスタキサンチンとはロブスターによって見出された赤色の色素で、キサントフィル類の
カロテノイドの一種で、アスタキサンチンは水産物に多く含まれる珍しいカロテノイドです。

エビやカニなど水産物に多く含まれているのが特徴的ですが、魚類や甲殻類は
アスタキサンチンを生合成することができません。

アスタキサンチンは酵母や藻類、海洋性細菌などによって作られ、エビやカニ、
鮭などの魚介類はそれらを食べ、体表や卵などに取り込まれる事で赤色成分となります。

人間は体内でカロテノイドを生合成することが出来ないため、食品やサプリから摂る事が必要で、
経口で摂取できるので機能性表示食品の代表的な関与成分となっています。

2015年4月機能性表示食品の消費者庁への届出が始まり、目の黄斑部の色素量維持や
目のピンと調節機能サポートなどの機能のあるアイケア製品でアスタキサンチンなどの
カロテノイドは関与成分となっています。

肌の調子を整える

地肌まで普段なかなか意識が行ってない方も多いのではないでしょうか。
でもなんでも基本が大事。土台になる部分の健康状態が大切なのです。

IPSコスメティックスは、エイジングケアに着目した高機能ヘアケア製品を提供しています。

IPSコスメティックスを尋ねる