美しい髪を作るコスメ

IPSシャンプーで美しい髪へIPSシャンプーはIPSコスメティックスから販売されているシャンプーです。

IPSコスメティックスは非常に安全性が高く、信頼できる企業です。

IPSコスメティックスのIPSシャンプーは紫外線でダメージを受けた頭皮や
髪を優しく保護し、綺麗な髪へと導いてくれます。

IPSコスメティックスが非常に関心を集め人気
頭皮や髪も肌と同様紫外線のダメージを受け酸化し老化が促進されているのです。

抜け毛が増えたり、枝毛や切れ毛が増えたり、髪の先端が細くなったりするのも
紫外線によって頭皮や髪がダメージを受けている証拠なのです。

IPSシャンプーはぶどうの茎から成分が抽出され製造された非常に品質的に安全なシャンプーです。
ぶどうはポリフェノールをたくさん含んだ果実であり、こうしたポリフェノール成分なども
頭皮や髪の老化の抑制に導いてくれるのです。
美しい髪へと導く

このシャンプーの泡は非常にきめ細かく、ソフトに優しく頭皮を包んでくれます。

使い心地が柔らかく、シャンプーの際に指の腹でマッサージするのも非常に気持ちが良いものです。

シャンプーする際は、顔の上の額生え際から後頭部にかけてマッサージするようにすると、顔のたるみなども解消され効果的です。

日本髪の手入れは現代とは大違い!江戸時代の女性の洗髪方法

日本髪のお手入れ江戸時代には、女性の髪の毛は腰にかかるほどの長さがありました。
日本髪を結うためにそれほどの長さがあったわけですが、髪を洗うのは
月に1.2回くらいだったとされています。

江戸時代には銭湯もありましたが、そこで髪を洗うことは禁じられていました。
そこまで髪を洗わなかったのは、今のような水道ではありませんから
水が貴重だったため、お湯を大量に使う洗髪を避けていたのです。

また、今と違うのはそれだけではありません。
明治になってようやく粉石鹸が使われるくらいで、髪を洗うときに使う
その当時の洗浄料といえば、織物の染め付けや着物の洗張などに使う
「ふのり」と食用のうどん粉です。

それをたらいに入れたお湯に溶かして、上半身を裸にして長い髪を漉いていくことで
髪を固めていた鬢付け油や汚れも取れて綺麗に仕上がりました。

とはいえ、何日も髪を固めていたわけですから、髪を解くのも一苦労でした。
洗えばきれいになるとはいえ、その頻度では臭いがしそうなものですが
鬢付け油はとても良い匂いのするものなので、毎日の髪につけて臭いを抑えていたのです。

髪を労る

頭って凝るんです。肩、首からも繋がっていますから。
頭の凝りもほぐしてあげると顔のたるみに効くなんて…
顔だけのマッサージよりも効果絶大です。

肌と同様、シャンプーも頭皮に優しくUVダメージを補修するIPSシャンプーを使いたいものです。

 

キューティクルだけじゃない!3層に分かれる髪の構造と役割

髪のうねり加齢に伴い潤いやハリやコシやツヤが失われて全体的にボリュームダウンしてきている、パサついて毛先が広がりまとまりが悪くスタイリングに膨大な時間がかかってしまう、カラーやパーマなどによるダメージで髪質が変わってしまい、うねりや癖や縮れが
生じてしまう、切れ毛や枝毛が多くて不潔な印象になってしまうなど髪の毛にまつわる悩みは絶えません。

悩みを解消させるためには、丁寧なヘアケアが必要不可欠です。
効果的で効率の良いヘアケアを実現させて悩みを根本から解消させるためには、髪の毛の構造と役割についての理解を深めておく必要があります。

髪の毛の構造についてですが、キューティクルとコルテックスとメデュラの3層に分かれており、それぞれ役割が異なります。

キューティクルは髪の毛のいちばん外側に存在する層で、硬いタンパク質が主成分です。
髪の毛の内部を保護する役割を担っています。

コルテックスは3層のうちの真ん中にあり、その人の髪質や髪色を決定づける存在です。
繊維状のタンパク質が何重にも重なってできており、髪の毛の断面の8~9割を占めています。

メデュラは髪の毛のいちばん内側にある層で、主成分は柔らかいタンパク質です。
エアバッグのような役割を果たし、外側からの刺激から頭を守ってくれます。

どの層もタンパク質が主成分となっていますので、ヘアケアにはタンパク質のチャージが
必要不可欠であるということがわかったのではないでしょうか。

タンパク質の中でもとくに髪の毛に必要なものと言えば、アミノ酸です。
3つの層それぞれにたっぷりと栄養を与えてそれぞれの役割や機能を向上させることが、
美髪への近道となります。

加齢に伴い髪の毛の栄養は不足気味になりますので、30歳を過ぎたらアンチエイジングを
意識したヘアケアが必要です。

ipsシャンプーは、そのようなヘアケアにお勧めです。

ipsシャンプーとは、やさしく、心地よく。ダメージの原因を根こそぎ浄化。 洗浄成分にアミノ酸系成分をたっぷりと配合することで実現した、ジェルタイプのエイジングケア・シャンプーです。汗や皮脂汚れはもちろん、紫外線や環境ダメージまで。クリームのようにきめ細かな泡で包み込み、すっきりと洗い流します。ブドウの茎から抽出した注目の成分、レスベラトロール※を日本のシャンプーで初めて配合、さらにプラチナコロイド、ピクノジェノール、αリポ酸、アスタキサンチンなどの美容成分を贅沢に配合しました。髪と頭皮にうるおいを与えながら、やさしくすこやかに洗い上げます。 ※保護成分〜

 

髪に必要な栄養素と取り入れる方法

髪の毛に必要な栄養素としては、髪の毛の材料となるタンパク質、ストレスや疲労や喫煙などで
失われやすいビタミンやミネラル、活性酸素を除去して細胞を若く保つ効果が期待できる
アスタキサンチンやコエンザイムQ10やアルファリポ酸、腸内環境を改善させるための
乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖などがあります。

タンパク質の中でもとくに積極的に摂取すべきなのが、アミノ酸とLシステインです。
肉や魚や卵や大豆食品や乳製品などを食べて摂取しましょう。

タンパク質を摂取すると美髪に欠かせない成長ホルモンの分泌が活性化され、
Lシステインを摂取すると髪の毛を構成する成分であるケラチンの生成が促進されます。

ビタミンやミネラルはタンパク質の合成をサポートするために必要不可欠な栄養素ですが、
肉体的な疲労や精神的なストレスや喫煙などにより消費されやすいという特徴があります。

ですので、食事とサプリメントの両方から積極的に取り入れるという方法がおすすめです。

おススメのサプリメントは、IPSコスメティックスのビレットワン・ビュレットラブ・ビュレットバイタル・ビュレットビューティです。

 

サプリメント

アンチエイジングを兼ねたヘアケアをしたい場合は、強力な抗酸化作用を持つコエンザイムQ10や
アスタキサンチンなどの成分を摂取すべきです。

細胞の老化の原因となる活性酸素を除去し、酸化しない錆びない若々しい髪の毛に導くことが
できます。

腸は第二の脳と呼ばれており、腸内環境が乱れると頭皮環境も乱れて髪の毛の成長に悪影響を
及ぼしますので、腸内環境を健やかに整えるために乳酸菌も積極的に摂取しましょう。

乳酸菌はヨーグルトに豊富に含まれており、善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働きを持っています。

ビフィズス菌とオリゴ糖を同時に摂取すると、善玉菌を効率良く増やすことが出来ます。

乳酸菌は生きて腸まで届けることが大事なポイントとなりますので、胃酸の刺激を受けにくい
食後に摂取するのがベストです。

最新投稿

  • ピュレットラボ

    乳酸菌サプリ・ピュレットラブ

    IPSコスメティックスピュレットラブの詳細を知るためにはセミナーに参加するのが一番です。自分に最適な商品が見つかります …

  • チークの役割

    会議の内容

    IPSコスメティックスの代理店会議は正式なコメントがないので不明点が多いものの、公式サイトのブログやそれに関わるブログを見る …

  • 確認する

    クーリングオフ制度

    IPSコスメティックスの化粧品の購入を検討している人は、公式サイトの会社法を根拠としている法定公告記載事項にも目を通しておく …

  • ナイトクリーム

    ナイトクリームの成分

    IPSコスメティックスのpp7は優れた保湿力を実感できるクリームです。肌を元気にするためには常にうるおいを与えることが大切 …