IPSシャンプー(株式会社ipsコスメティックス)のおすすめ

美髪クラブ

IPSシャンプーはIPSコスメティックスから販売されているシャンプーです。

IPSコスメティックスは非常に安全性が高く、信頼できる企業です。

IPSコスメティックスのIPSシャンプーは紫外線でダメージを受けた頭皮や
髪を優しく保護し、綺麗な髪へと導いてくれます。

明るくなれる
頭皮や髪も肌と同様紫外線のダメージを受け酸化し老化が促進されているのです。
抜け毛が増えたり、枝毛や切れ毛が増えたり、髪の先端が細くなったりするのも
紫外線によって頭皮や髪がダメージを受けている証拠なのです。

IPSシャンプーはぶどうの茎から成分が抽出され製造された非常に品質的に安全なシャンプーです。
ぶどうはポリフェノールをたくさん含んだ果実であり、こうしたポリフェノール成分なども
頭皮や髪の老化の抑制に導いてくれるのです。
美しい髪へと導く

このシャンプーの泡は非常にきめ細かく、ソフトに優しく頭皮を包んでくれるのです。
使い心地が柔らかく、シャンプーの際に指の腹でマッサージするのも非常に気持ちが良いものです。
シャンプーする際は、顔の上の額生え際から後頭部にかけてマッサージするようにすると、
顔のたるみなども解消され効果的なのです。

日本髪の手入れは現代とは大違い!江戸時代の女性の洗髪方法

江戸時代には、女性の髪の毛は腰にかかるほどの長さがありました。
日本髪を結うためにそれほどの長さがあったわけですが、髪を洗うのは月に1.2回くらいだったとされています。

江戸時代には銭湯もありましたが、そこで髪を洗うことは禁じられていました。
そこまで髪を洗わなかったのは、今のような水道ではありませんから
水が貴重だったため、お湯を大量に使う洗髪を避けていたのです。

また、今と違うのはそれだけではありません。
明治になってようやく粉石鹸が使われるくらいで、髪を洗うときに使う
その当時の洗浄料といえば、織物の染め付けや着物の洗張などに使う
「ふのり」と食用のうどん粉です。

それをたらいに入れたお湯に溶かして、上半身を裸にして長い髪を漉いていくことで
髪を固めていた鬢付け油や汚れも取れて綺麗に仕上がりました。

とはいえ、何日も髪を固めていたわけですから、髪を解くのも一苦労でした。
洗えばきれいになるとはいえ、その頻度では臭いがしそうなものですが
鬢付け油はとても良い匂いのするものなので、毎日の髪につけて臭いを抑えていたのです。

髪を労る


頭って凝るんです。肩、首からも繋がっていますから。
頭の凝りもほぐしてあげると、顔のたるみに効くなんて…顔だけのマッサージよりも効果絶大です。

肌と同様、シャンプーも頭皮に優しくUVダメージを補修するIPSシャンプーを使いたいものです。